ご朱印はもともとお寺で写経をして、それをおさめた証としていただいたものだと言われています。江戸時代には参拝をしただけでいただけるものとなり、また、神社にもご朱印の慣習が広がりました。

とても神聖で、多くの意味が込められたご朱印。よくある記念スタンプとはまるで違います。とはいえ、マナーさえ守れば誰にでもいただけるものですので難しいものではありません。なにより神社やお寺とのご縁がぐっと深まります。


お寺ならご本尊に、神社なら拝殿で、まずは必ずお参りをしましょう。ご朱印はあくまでも参拝の証です。

社務所やお守りなどを売っている授与所、お寺なら納経所と掲げられた場所でご朱印帳を渡します。

ご朱印はすべてお坊さんや神職さんが心をこめて手書きされます。静かに待ちましょう。

ご朱印代は300円前後が一般的です。お金を払った後でお礼を言ってから受けとります。

住職さんや宮司さんがいらっしゃれば、ほとんどの神社、お寺でご朱印はいただけますが、ご都合によってはいただけないこともあります。期間限定のご朱印もありますし、同じ寺社の境内の中でも複数のご朱印がいただけることもあります。ご朱印集めは一期一会。すてきな出会いの証しを、あなたのアルバスにのこしてください。